台湾でコンサートに参加してきた!日本とのマナーの違いについて。

   

先日、台北アリーナで開かれた大好きなGLAYのコンサートに参加してきました、日台夫婦のシホです!

GLAY大好き~~!!!

さて、私のGLAYに対する愛は興味がある人はいないと思われるのでさておき(爆)人生で初めて海外でコンサート参戦!ということだったのですが…日本とのコンサートに対する参加マナーが全然違う…!え!となったことがありました。

ということで、本日は台湾でコンサートに参加してみて、マナーの違いにびっくりしたことをシェアしていきたいと思います。

それではいってみましょう~!

①写真撮りまくり?!ライブ中に録画、写真撮影する人がいっぱい!

日本ではほとんどのアーティストが禁止している写真撮影・録音!もちろんGLAYもご法度です。見つかればおそらく即退場。しかし、一方で海外のアーティストって結構、写真OK!な場合が多いですよね~。

で!今回、日本のアーティストが海外公演、っていうことだったので、私も

もしや写真撮影OKかな~?いひひひひ!

なんて期待していました。が!ライブ前のアナウンスで、

だめっでっせ~!禁止でっせ~!

とがっつり中国語と日本語で流れておりました。残念‥( ;∀;)ですが、大好きなGLAYがダメ!というなら仕方ないか~ということで、待ちに待ったライブがスタート。すると…

 

後ろの夫婦が、二人して録画(たぶんライブ配信?インスタライブかな?)してる…!!!

 

日本だと警備員につかまり即退場ですが、台湾だとまったくそんなこともなく、一度スタッフが来たものの注意して帰っていきました。…まじかよ!( ;∀;)

ただ私の周り、その夫婦以外は全く写真撮っていなかったのですが…ある瞬間をきっかけに一斉にみんなが携帯を出してパシャパシャし始めました…。

それは…五月天のサプライズ登場!!!

五月天と言えば、台湾のスーパースター。台湾人は、スーパースターの登場に大興奮!GLAY登場の時は写真撮ってなかった人たちが、五月天が出てきた瞬間、わ~~~!とパシャパシャ撮り始めてました。笑

一体みんなどっちを見に来たんだいっ!笑

スポンサーリンク

②ライブ前も写真撮影!

日本だと会場入り後、ステージの写真を撮るのはNG。私も昔、会場入り後に、ステージでなく友達と写真を撮りたくて2ショットを撮っていましたが、警備員さんが来て注意されました。

が、台湾ではみんなステージ撮りまくり!自分達の写真も会場内で撮り放題でした。そして警備員さんも特に注意せず。

これに関しては、日本だとパネルがでて、写真だめ~!と書いてあります。台湾でもパネルが出てましたが、中国語だったので私には読解不可能でしたw

なので、もしかしたら、会場の写真はよかったのかな…?

(でもたぶんダメだったと思います。笑)

③ライブ前のカバンチェックなし!

日本だと必ずある荷物チェック!昔、GLAYのライブに友達と写真を撮るときにデジカメもっていってた時は、この荷物チェックの時に没収されてました。厳しいw

 

だけど、台湾では荷物チェック、なし!チケットさえ見せれば、即入場できます。笑

 

個人的には、こんな世の中なので、テロ防止とかのためにも、荷物チェックしたほうがいいんでないかい?と思いましたが、スムーズに入場できる点は最高でした!

海外でもマナーを守って楽しんで欲しいです( ;∀;)

日本とは全く違うマナーの台湾公演!

もちろんライブは楽しかったですが、個人的には禁止されている行為はしないでほしいと思います。アーティストも禁止されている行為をしてるファンを見たら悲しいと思うのにな~とオタクの私は思います( ;∀;)

もちろんルール守っている方もいますが、特に写真撮影に関しては、ダメと言われているのでちゃんと守って欲しい!と思いました( ;∀;)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

(Visited 518 times, 1 visits today)

 -  ー台湾情報