日台夫婦の私が思う台湾人彼氏・台湾人夫のあるある☆~台湾人ダーリンと私の体験談~

      2018/01/31

日台夫婦のシホです。今日は台湾人彼氏・夫のあるあるを紹介していきたいと思います。

なぜかというと、昨日友達と2人で飲んでいた時に、日本人男子が話しかけてきました。その際に「彼氏がいるの?」という話から台湾人ダーリン、アレさんの話をしていました。そしていたら・・・「(゚д゚)」という顔を終始されました(笑)ということで、日本人男子もびっくりな台湾人あるある(というかアレさんあるある?)を言いたいと思います。ではいきましょう!!!

 

①メール・電話の回数が異常

私と遊んだことがある人なら激しく頷くことでしょう。そう、メールと電話の回数が異常( ;∀;)おそらく一日に100通はやりとりをし、電話は10回くらいあると思われます。メールを返さないものなら、泣いている顔のスタンプが流れ弾のようにやってきて、電話に出ないものなら不在着信数は増えていきます。

もちろん、友達といようが家族といようが関係なし!「友達といるから電話に出れないよ~」なんて言うものならば、

 

「なんで!男と会ってるの!?だから出れないんでしょ!?」

 

となります( ;∀;)どこから来るんだ、その思考回路は!!!ということで、私の友達といるときですら「ごめんね、本当にごめんね・・・」と平謝りしながら電話に出ます。(友達たちよ、ごめんね・・・)

遠距離だからっていうのもあるかもしれませんが、台湾人は携帯を触っている時間が日本人より長い気が個人的にはします!だからたくさん連絡がくるのかな~?

②嫉妬は海よりも深い

アレさんの嫉妬は留まる所を知りません。会社員時代、隣の席が男性ならば「危険だ!」と叫ぶアレさん。(残念ながら製造業だったので、男性たくさん。絶対避けれない…( ;∀;))

他にも電車やバスに乗っていれば「変態がいる!危険!」、飲みに行けば「ナンパ男がいるはず!危険!」と。彼にとって日本は地雷だらけです。そんなアレさんに私は問いたい・・・

 

安全地帯はどこにあるんですか?( ;∀;)台湾?

スポンサーリンク

③恋愛に対する情熱は仕事に対する情熱を上回る

アレさんは私と喧嘩すると全くもって仕事が手につきません(爆)それを象徴するエピソードがあります。その日、アレさんの勤務時間は20時までだったのですが、16時ごろに喧嘩勃発!お互い感情的になり言い合いとなりました。イライラした私は電話を切ると30分後アレさんから連絡が。電話にでると「ぶぉ~」というバイクに乗っているらしき音が。あれ?まだ17時前だけど?と思い、聞いてみると

 

「今日は仕事できないから帰ってる。」

 

と。え!彼女と喧嘩が理由で早退?!そこで、私はふと思いました。そんなことで上司は早退を許してくれたのか?と。すると・・

 

「ボスも、心配してくれて、彼女と仲直りしてきなよ!って言ってくれたんだ。」

と・・・(笑)せめて頭痛とか、腹痛とかウソついて早退しているのかなと思ったら素直に彼女と喧嘩をしたから早退してくださいと言ったのね。そしてそれを許してもらえたんだね…( ;∀;)

 

④疑いの眼を持つと、信じるという気持ちを忘れがち

現在遠距離中の私たちは「お互いを信じよう」がテーマです。だって信じる気持ちをもたないと遠距離なんてできないですからね?が!彼の疑いの眼はすごい。①で披露したあるあるのように、連絡が取れないとすぐに疑います。そしてその疑いを晴らすのは、雨の中での富士登山するよりも大変!!!

例えば、仕事の飲み会に行っているとき。さすがに上司の前では私も彼の電話は取れません。が!彼にはそんな理由は・・・はい、通じるはずもありません。そこからコナン君ばりに疑ってきます。「本当に上司と話してだけなの?」「トイレ行くとかいって電話出れるじゃん」とかとか。もちろん私はそれを証明できる証拠を持っているわけではないですから、どうすることもできません。アレさんは普段から「僕をもっと信じて~」と言うくせに、私を信じる気持ちは、頻繁にフライアウェイwそしてこの飛んで行ってしまった信じる気持ちを地上に戻すまでには普通は1日、長い時は1週間かかります。

その情熱と思考回路を仕事に向けてほしい☆

このあるあるを読んでいるみなさんは「アレさんだけじゃないの~?」と思うかもしれませんし、そうかもしれませんが(涙)、ここまでではないにしろ、同じようなタイプの台湾人男性は結構居ると思います。

が、前にも書いたように、これらのあるあるを「ま、しょうがないか!」と思わせてくれるほどの、優しさとプリンセス扱いをしてくれます(ちなみにこの優しさとプリンセス扱いもあるあるです)

 

そして私が思うのは、その彼女に対する情熱やきめ細やかさ、疑り深さ、改め慎重さをぜひとも!仕事に使ってくれればな~と思います☆笑

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

(Visited 3,459 times, 4 visits today)

 - 国際結婚 , ,