ついに始まった?!台湾での結婚式を巡る嫁vs姑(vsアレさん)のプチバトル!

   

一時帰国中の日台夫婦、シホです。GWを家族とのんび~り過ごそうと思っていた私に、ついに!!!嫁姑プチバトルが勃発。それは、10月で行う台湾で行う結婚式について。結婚式となると台湾人の家族がめちゃくちゃ口を出しまくってくるよ~という情報をよくインターネット上で見かけていましたが、アレさんの家族は割とライトでお母さんもいい人なので、そんなことはなかろう・・と思っていましたが、ついに!その時がやってきたようです( ;∀;)ということで、本日は、先日行われた嫁(in日本)vs台湾人ダーリンアレさん(in台湾)vs姑さん(in台湾)のバトルについてシェアしていきたいと思います!

結婚式場を選んだ経緯

私たちの結婚式は、日本で行わず、台湾でのみ、つまり台湾での一発勝負!

台湾で結婚式をします!日台夫婦の私たちが台湾で挙式をすることに決めた理由と今から楽しみなこと。

以前ブログにも書いたように費用はアレさん母持ち(正確には、アレさん母がくれた結婚お祝い金から出す)ですが、私のドレスや私のゲスト分については日本側で持つこととなっています。ということで、結婚式場を決める際にあたって、アレさん母の気に入る所でいいよ。と思って、任せていました。というのも、私がここがいい!と言った会場に、ん~と難色を示されたのです。私が良いなと思った所は、お花とピンク×ゴールドでいっぱいで、赤や紫がメイン色として使用される台湾スタイルでない場所でした。が・・・

 

台湾の結婚式で内装よりも、ドレスよりも大切なのは、”ホテル名”と、”料理”。

 

つまり、自分たちのプライドがそこにかかっているのでしょう( ;∀;)私が選んだ所は、有名なホテルではなかったので、ちょっと・・・とのこと。そこで、私は揉めるのが嫌だったので、決まったら教えてね~という姿勢を取りました。(が、結果、私のお気に入りのところに決定←)

結婚式に何人呼ぶの?同じ質問攻撃

無事、結婚式場は揉めることなく決定しましたが、現在、アレさんの母からシホは一体何人ゲスト呼ぶの攻撃がスタート!私の方のゲストは、日本からわざわざ来てくれるし、仕事だって家庭の事情だってあるのだから、回答を急かしたくない私。友達にも6月下旬に返事をしてもらうようお願いしてありましたし、アレさんも了承済。が!アレさんの母が、ここ3日私側の招待人数について同じ質問をリピート・・・

理由を聞くと、私たちの会場は割と大きめなので、テーブル数が心配とのこと。が、私のテーブル数はせいぜい2~3テーブル。そのことは結婚式場を決める前から伝えてありました。が、今になってテーブル数が足りないとパニックになり始めるアレさん側!!!

 

どういうこと~笑

台湾の結婚式は、会場によって最低必要なテーブル数が決まっている所が多いです。が、そもそも私たちは何NTD以上挙式会場に使えば、テーブル数は自由のところを選んでいます。だからテーブル数関係なくないかい・・・と思いつつも、結婚式場の人がテーブル数を教えて欲しいと言っているのかな?テーブル数が足りないから挙式会場を変更したいのか?もしくは、こちら側にテーブル数を増やせといいたいのか?と思い、アレさん母に質問。が・・・私の質問は気持ちよいくらいスル~~~( ;∀;)笑 気を遣っていた私もさすがにイライラしてきたので、ちょっと強気に同じ質問を何回もぶつけてみましたが、話題のすり替え、もしくは既読スルー( ゚Д゚)もうどういうこっちゃ!笑
スポンサーリンク

アレさんvsアレさん母もバトル勃発

もう何をしたいか全くわからないので、アレさんに内容を話し、私はどうしたらいいのかアドバイスを貰おうとしたところ・・・

 

僕もお母さんと喧嘩してさ、もう結婚式に来たくないって言ってたよ~はは☆

 

 

と(゚д゚)!どうやら、アレさんにも結婚式について電話やメールをしていた様。そしてアレさんもお母さんがどうしたいのか分からず、アレvsアレさん母で喧嘩が勃発しているとのこと。アレさん母と言語が通じるアレさんですら、分からないというカオスな状況(゚д゚)!そしてアレさん母、ついに結婚式に出るのを拒否(笑)笑えない状況!アレさん母からもこのあと、アレさんの態度がひどい!と訴えるメールが届く始末(゚д゚)!

 

どういうこと~~~解決策はいずこ~~笑

 

私は言葉も通じないし、文化の違いが凄すぎて(もうテーブル数とかってなんなの!笑)どうしたら良いか更に分かりませんが、アレさんは「シホの考えや気持ちはわかっているから、僕がお母さんと話して、それからシホに伝えるよ」と一丁前なことを言ってくれています。ありがとう、アレさん☆

きっと結婚式までこういったケンカが尽きないと思いますが、心を強くして頑張っていきたいと思います!

 

【ちなみに・・・私の気持ちと考え】
私の推測ではありますが・・・台湾では黒字が当たり前の結婚式。が、私は日本からわざわざ来てくれるゲストにご祝儀を貰うなんて一ミリも思っていません。来てくれるだけで、本当に感謝しかありません。ということで、台湾では珍しく私たちの結婚式は赤字。が、アレさん母はそれが嫌なようです。(ご祝儀はシホたちのものだよ~と言ってくれているので、アレさん母のポケットにはご祝儀は入らないのに・・・。しかも日本側は私の方で払うのに・・・)私は、台湾流のこの考え方に慣れることができず、困っています( ;∀;)結婚式はビジネスじゃないんだよ?という気持ちでいっぱいです( ;∀;)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

(Visited 867 times, 1 visits today)

 - 国際結婚