【国際結婚】台湾人男性と結婚して楽だな~。と思うこと3つ

   

12月に日本に帰ったときに、女子力が下がってる!と指摘された日台夫婦のシホです。はい、そうです。女子力下がっています。日本の流行りとか、全然わかりません( ;∀;)笑

女子力が下がった原因の一つとして、台湾人男性と結婚して、楽をしてしまっていることがあるからかな~と勝手に思っています。(←人のせいにするなw)ということで、本日は!台湾人のアレさんと結婚してみて、楽だな~と思うことシェアしていきたいと思います!

家事への期待があまりない

台湾といえば、そう、外食文化のイメージって強いですよね。もちろん毎日外食というわけではありませんが、飲食店の数や値段の安さ(日本と比べると)によって、外でごはんを食べるハードルが割と低いです。

そのおかげで、毎日ごはんを作って~あれしてこれして~という


↑こんな感じの妻!という期待が全くありません!料理が苦手な私からすると、これほどにない朗報。何なら、カレーや炒め物作っただけでも大絶賛( ;∀;)笑

今は節約のために週に4~5回は自炊していますが、体調が悪いときや女の子の日は、すぐにさぼり、外食文化に甘えています。が、それでも誰もさぼっている!とか思わず、むしろいつもご飯作ってくれてありがと~という感じなので、ストレスなく家事をさせて頂いております!

スポンサーリンク

現在は無法地帯に?!ムダ毛を気にしなくていい!

アレさんと出会う前、日本で全身脱毛をしていた私。というのも、「女の子のムダ毛は嫌だ!」という世論に影響され、一生懸命手入れをしておりました。が、台湾では…

むだ毛を気にしてなーーーい!

天国か…( ;∀;)台湾では、女の子の腕やら足とかを見ると、あれ?生えてる?となることが結構あります。口周りに生えている産毛もあまり気にしていない方も多い…!

この環境に味をしめた私。台湾に来てからちょっとの間はせっせと手入れしていましたが、今はもう、無法地帯ですw

トイレが恥ずかしくない!

日本で暮らしていた時、私は膀胱炎の常連。というのも、トイレを我慢すること(特に大きいほうの場合)ことが無意識ながらに多かったのだと思います。

と・く・に!デートの場合。ちょっとトイレって行きづらいですよね。お腹が痛くなっても、あまり長い間トイレにいると、絶対うん〇してんじゃないかとか思われる・・ガクブル!

が、アレさんと出会ってから、起きました。トイレ革命!

アレさんは私が大きいのをしてようが、お腹ぴーぴーだろうが全く気にする様子がありません。なんなら、英語でう〇このpupuと私の名前を掛け合わせ「ぷほ~」と呼んでくる始末。ちなみに小さいほうのpeeと名前を合わせて「ぴほ~」と呼んでくることもあります。

最近ではトイレ行くときに「ぷほ?(=大きいほうするん?)」と聞かれ、「違う!ぴほ!(=違うよ!小さいほう!)」と答えるまでに成長( ;∀;)が、トイレを気にしないのはアレさんに限った話ではありません。この話を友達にすると…

 

あ~私の彼もそうだよ!台湾人男性ってあんまり気にしないよね~!

 

とのこと。これって…すごくよくないですか?トイレに対して気を遣わなくていいことで、かなりのストレスから解放されますよね~!私の場合は、膀胱炎の呪縛からも解放されました!!!

台湾人男性は魅力的?!

台湾人男性とお付き合いするうえで、もちろん、色々と大変な部分もありますが、割と気を張らずにお付き合いできるのかな~と思っております!一方で、日本に居た時より、気のゆるみが…( ;∀;)日本ですらさほどなかった女子力が、今はもう皆無になりつつあります。が、膀胱炎から解放されたので、結果よし、としております♡

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

(Visited 1,464 times, 3 visits today)

 - 国際結婚