実際台湾の義理母ってどうなの?嫁姑問題について

   

結婚をするにあたって、一度は心配になるのが、そう‥嫁姑問題!ですよね?
さて、みなさんにとって台湾のお姑さんのイメージってどうでしょうか?私のイメージは

 

息子ラブ。嫁はいじめられるもの!

 

という完全なる偏見を持っていました。で、プチ同居を始めた今実際どうなの…?ということで、本日は、台湾人と結婚したい人なら気になる!嫁姑問題というちょっぴりセンシティブな話題について書いていきたいと思います!それではいってみましょう~!

結婚前と結婚後で変化はあったか?

世界共通で聞くよくある話が、

結婚前優しかったのに、結婚後はがらりと変わって厳しくなった

という怖い話。これは台湾でもあるある。やっぱり身内になってしまったら、話は別!のようです。

そしてアレさん母は、変化があったか?というと…まったく一緒、というより身内になったことでより優しくお世話をしてくれるようになりました。よくアレさんのお母さんの友達にも、義理母がこの人でよかったね~!と言われる程。本当にありがたい話です。
スポンサーリンク

息子にとっても甘いのは事実!

中華圏や、韓国の母親って、息子にあま~いイメージがありませんか?

そしてアレさんの母も、この点に関しては例に漏れず甘いな~ということは多々あります。というか息子のこと好きなんやな、っていうのがビリビリ伝わってきます。

小さなことから大きなことまで常に心配し、そしてほとんどの場合、アレさんが自分でなんとかする前に助けてしまいます。

でも、やっと最近お母さんは「アレさんに今まで甘すぎた!」と気づいたようで、これからは本当はめちゃくちゃ助けたいけど、助けるのはやめようと思う、と私に宣言してきた義理母。笑 憎めない~~~!笑

周りを見ているとやっぱり息子にあま~い親は多い気がします。成人になってからも親から資金援助を受けている人は、日本より断然多いと思います。いつも不思議に思うのが、その親のお金はどこから来ているのか、っていうこと…!)

私の大好きな言葉「慢慢来」を連発してくれる義理母

まだまだ中国語が上達しない私に対し、アレさんの親戚やおじいちゃん、おばあちゃんは

 

中国語を勉強して、そのあとは台湾語!そして仕事も頑張って見つけてね!

 

とよく言います。…わかっちゃいるけど難しいんだよ~~!と私の内心を察してか、アレさんの母はいつも

 

台湾語話せなくてもいいよ!中国語も慢慢来!(慢慢来:ゆっくりでいいよ!)と言ってくれます。

女神!!( ;∀;)この慢慢来、中国語の中でもダントツに好きな言葉なのですが、アレさんのお母さんは何に対しても、私がナーバスになってたりすると、いつもこの言葉をかけてくれます。

これは本当にありがたい!もちろん中国語を話せない私がいけいないのですが、そんなに簡単じゃないよ~( ;∀;)と思います。そんな中いつも私にゆっくりでいいよ~!心配しないで!と声をかけてくれる義理母には感謝しかありません!

いろんなタイプの義理母がいる!

台湾に来る前はめちゃくちゃびびっていた嫁姑問題。結婚式の時に若干こじれたけれど、今となってはアレさんの義理母のことが大好きでとても仲良くしています♡

そして、当たり前ですがいろんなタイプがいて、自分に合う、合わないがあるかと思いますが、まずは偏見を捨て、自分から心を開いてみる!会話をしてみる!ということが、大切だな~とプチ同居して感じています!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

(Visited 907 times, 1 visits today)

 - 国際結婚