日台夫婦の私が感じる台湾人の男性と国際結婚してよかった理由2つ

      2018/03/01

こんにちは!日台夫婦のシホです。

2016年上半期で国際結婚をした台湾人は約9000組、その中で台湾人男性×日本人女性は128組だそうです。この数字をみなさんは多いと思いますか?少ないと思いますか?私は思ったより少ないな~と思いました。

確かにアレさんの周りでも国際結婚している方はおらず、私の周りでも国際結婚をしている人は1組です。そう、私たち、マイナー夫婦なんです。

そんなマイナー夫婦かつ、喧嘩も絶えない私たちですが、それでも台湾人男性のアレさんと結婚してよかったなと思っています。今日はその理由を紹介していきたいと思います!

 

台湾人男性アレさんと結婚してよかった理由2つとは?

①とりあえず優しい
台湾人男性=優しいというイメージありませんか?想像通りアレさんも優しいです。
以前、高校時代の友人と今流行りのたられば女子会を日本にて開催いたしました。結婚をしているのは私だけという状況。独身のお友達ふたりと会っていなかった期間に、彼氏ができた、できないの色恋沙汰の話をキャッチアップしていた時、

友達A「この前別れた彼氏がさ、すごくケチで、ガソリン代がもったいないからって家まで送らず、いつも道の途中で下ろされるんだよね…。」

友達B「私も元カレと別れるとき、元カレがわざわざ遠方から高速使ってふたりでためた500円貯金取りに来たよ。合計で1万くらいしかはいってなかったのに。」

 

私「(心からアレさんに感謝する)」

 

これはだいぶ極端な例ですが(笑)台湾男性は送り迎えをしてくれる方が非常に多いんです!素敵ですよね~♡

 

他にも・・・・
・友達C「彼に髪の毛乾かしてほしいんだけどやってくれない!」
→アレさん「シホなんで自分で髪乾かしてるの?!これは僕の仕事なのに!!(怒)」

・友達D「旦那がサプライズしてくれない!」
→アレさん「シホに今度サプライズするもんね~へへへ」←この時点でサプライズじゃない

【注意】結婚後は、だいぶ変わりました。髪乾かしてもらったのなんて何カ月前?笑

とこんな感じにいつも優しいです。さすが東洋のイタリア人と呼ばれる台湾人男性!!!優しさの大セールですね!

 

スポンサーリンク

②人と比べることをやめれた
アレさんと出会うまでは、「友達の旦那様はいい会社に勤めてる!」「あの子たちは家建てた!」「学歴が~~~」なんて、比べることが多くてがんじがらめになっていました

だけど台湾人のアレさんと出会って、結婚してから「比べる」というのが本当に少なくなりました。

もちろん裕福なことに越したことはありませんし、一ミリも羨ましくないといえばウソですが、そういった気持ちが少なくなり、格段に人生が生きやすくなりました!今では将来、バイクをぶんぶん乗り回す生活もなんか楽しくていいかも!なんて思うようになりました。

というのも、おそらく日本だと大学のレベル・就職先の良し悪しってすぐ分かるので、スペックを気にしてしまうと思うんです。

だけど国際恋愛だとありがたいことにそれがいまいち分かりづらい(笑)
超絶有名大学・企業でない限り、わかりません。逆に言えば向こうも私の大学や会社なんて知らない。だからこそアレさんと付き合うときに純粋にアレさんを見て好きになれましたし、彼もそうだったと思います。というか、そうだと信じたい!笑

 

スペックとかじゃなくて「ひと」を好きになれた。

 

アラサーの私の周りでは結婚したり彼氏ができると「会社どこ?」「大学は?」と母や友達からお決まりの質問が飛び交います。だけどアレさん相手だと「日本語話せるの?!」「台湾のどの辺に住むの?」など質問ががらりと変わります。笑

もちろん、外国人であるアレさんと結婚したことで心配なこともありますが、前よりもポジティブに生きやすくなったのは、本当によかったなと思っています☆

やっぱり国際結婚してよかった☆

他にも細かく書けばたくさん国際結婚してよかった理由はありますし、国際結婚っていやだな!って思ったこともあります。笑

だけど、今のとことは、結婚してよかったな~と思えています♡

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

(Visited 3,888 times, 1 visits today)

 - 国際結婚 ,