実際英語力はどれだけ伸びたの?約半年の留学結果はこうだ!!

      2017/02/28

私は、セブ+オーストラリアに約半年ほど留学にいっておりました。これから留学を考えている人のよくある疑問「どれだけ英語力って実際伸びるの?」

今回は、私の留学前と留学後の英語力について紹介してみたいと思います☆

セブ留学の結果はいかに!?!?!およそ3か月いた私の英語の伸び方

私はまずセブに行っていたのですが(セブ留学のすすめについてはこちら!)セブ留学に行く前の私の英語力は・・・

読み書きはまぁまぁできるけど、聞けないし話せない。特に発音は絶望的

という状況でした。

セブでは留学前にTOEFLを模擬したようなテストをみんなで受けます。そこでクラス分けをされるのですが、その時の私の英語力はレベル2(MAXレベル5)これは、平均よりちょい下くらいの結果です(涙)

そんな状況からスタートした私ですが、3か月後の私のレベルは・・・

なんと4!!!!4はかなり良い方で日常会話はできまっせくらいなレベルです。わ~~いわ~~~い!!

実際に肌感として英語はかなり上達していることを感じれました。というのも、初めは理解するのも難しかった授業も最後のほうはレベルが低く感じるようになっていましたし、先生たちにも「発音よくなってきてるね~」と言われるようになっていました。ただ、私はセブで一生懸命勉強をしたわけではなく、遊び半分勉強半分くらいでやっていました。だけど、かなり英語力、特に会話力を伸ばすことができました☆

私をここまで導いた理由と勉強方法を紹介!!!!

さて、なぜ私は英語を3カ月で伸ばすことができたのでしょうか?その理由は

1.極力外人の友達を作る
2.とりあえず何の授業であろうと勝手にspeakingクラスに変える
3.台湾人のアレさんという存在

を心がけていたからだと思っています。

まず1は、ありがちは日本人と集まってしまうぜ☆っていうのを極力避けたかったので、できるだけ外人と話すようにしていました。ただいきなりネイティブと話すのは緊張しますよね?!だけど、セブはほとんどアジア人ということもあり、顔も似ていて(笑)とっても話やすい!お互いネイテイブではないからこそ、わかりあおうとするので、会話力・思考力がとても伸びますし、話題を作る力も付きます。私はセブでいつも韓国人と台湾人と一緒にいました。おかげで必死に話すので、今では3人ともかなり英語が上達しました☆

2は、私の場合、文法がある程度できたので、文法のクラスで先生と1:1の授業の時は、先生に「私は会話力伸ばしたいの!だからおしゃべりしようぜい☆」なんて言って、テキスト無視のただのおしゃべりクラスと化していました(笑)先生にもよく「日本人なのに珍しいね!大体もくもくとテキストやりたがるのに!!」と言われてました。だけど私は、話せてナンボ☆と思っていのたので、とりあえず会話会話!!に徹していました。毎日ほぼ3時間ほど1:1でいろんな先生とおしゃべりしまくりで喉はからからになりましたが、会話力はめきめきと伸びました☆

そして3は、アレさんという存在がいたことで、必然的に英語でケンカするし、愛を語り合ったりもしますので(笑)自動的に英語力が伸びていきました!!

スポンサーリンク

セブ留学後のオーストラリア留学で実感!私、本当に英語力あがっていたんだ!

セブ留学中は肌感はあったものの、実際に目に見えて私の英語力を示すものはありませんでした。ただセブの後にいったオーストラリア留学で私は実感しました・・・!!私は結構英語が話せるんだと・・!!!!笑

オーストラリアで選んだ学校は欧米人がほぼ80パーセントを占めるというところ。私のバッチメイトは外人さんのみでした。
オーストラリアもセブと一緒ではじめにクラス分けのテストを受けるのですが、私が配属させられたクラスはなんと・・・・上から2つ目のレベルのハイレベルコース!クラスメイトはドイツ人・フランス人・イタリア人など・・・欧米かっ!!とばかりのクラスでした。アジア人はタイ人と私のみ。私以外の日本人はだいたい下から2番目か1番下のクラスに分けられていました。そこで私は実感しました。

「あ、私結構英語喋れるんやないかい!!」と。

あの時はとてもうれしかったですし、オーストラリアではセブで培った英語力を生かして、多くの欧米人と交流することができました☆

セブ留学とオーストラリア留学をして得たものは??

私が留学してよかったな~~と思うことは、

各国のスピーカーの発音に慣れることができたこと

です。やはりフランス人はフランス訛り、韓国の人は韓国訛りの英語を話す方がほとんどです(たとえ英語力が高くとも)。今では英語を聞くだけで「あ、もしかしてスペイン出身かしら?」なんて予想ができるようになりました(笑)

私は、留学前は英語はきれいに発音をしなくちゃいけないんだ!!!って思っていましたが、きれいに発音+その国のアイデンティティーになる訛りで話すのはよいことだと気づくことができました。

英語を通じて自分を表現できるし、相手のことも少しわかることができる。

かつ訛りに耳が慣れるので、多くの国の人との会話が可能になります。はじめは聞きづらかったりするけど、今ではフランス人っぽい英語や台湾人っぽい英語、とっても好きです☆

そして今、たまに英語を使って仕事をしていますが、この時の経験がとっても役立っています!!!

短期間でもやり方次第で英語は伸ばせる!!!

私は、計半年間という短い間ですが、私の英語力は確実に伸びたと思っています。簡単な映画あれば字幕なしでも理解できます。要はやり方次第!!自分にあった勉強方法を見つけれるか、何を達成したいのかだと思います。

私は「会話力」を伸ばしたかった。そして実際伸びた、飛躍的に!!!!

これから留学考えている方、ぜひ「短い期間だから話せないかも」なんて思わず、飛び込んでほしいものです☆

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

(Visited 436 times, 1 visits today)

 - 海外留学