結婚前に私が台湾人ダーリンに突き付けた4つの条件!!国際結婚お考えの方へ~

      2017/02/28

この前インターネットで日台夫婦ってどれくらいいるんだろう?と検索したシホです!

2016年上半期に結婚した台湾人×日本人は訳120組程度のようです。これは多いのか?少ないのか?たぶん少ないですよね!!さて、そんな少数派夫婦の私たちですが、国際結婚というのは異国の地に住むということもあって勇気がいりますよね・・・!!私も結婚前、不安なことがたくさんあったので、結婚前にアレさんにいくつか条件を提示しました!私は何をお願いしたのか!?今日はそちらを紹介したいと思います。ではいきましょう!!

私が彼に提示した条件4つ。これは絶対守ってね!

結婚をしようと決めた際に私はアレさんに「これ守れる?守れないなら結婚できない!」となんともまぁ強気な態度に出た私。その条件とは・・・

1.常に私の味方でいること

2.私はあなたのために台湾へ引っ越してきたということを忘れないこと

3.同居は絶対反対

4.もし母と私の意見が違えば、私の意見を優先すること

です!!

では、詳しく紹介しましょう。

1.これは、私にとってもっとも重要なことでした。なぜなら、知らない土地に嫁ぐ=友達も家族もいない、という状態。つまり出だしはひとりぼっちということです。私の唯一の味方は彼だけ!彼を頼りに引っ越すのだから、絶対に何があっても味方をしてほしいとお願いしました。

2.これも同じような感じですが、きっと台湾生活がはじまっていく中で慣れないことがあってストレスがたまることがきっとあると思います。それに台湾の文化やしきたりが分からなくて失礼なことを彼や彼の家族にしてしまう可能性もあると思いますが、「あなたのために引っ越して努力していること」を常に忘れないでほしい、優しくいてほしいとお願いしました。

3.これは絶対必須の中の必須です(笑)台湾では割と同居からスタートする夫婦が多くて(経済的理由から)一般的なのですが、私は断固反対派!!!!もちろん、彼のご両親が苦手とかそういうわけではないのですが、言葉も通じない、生活スタイルも違う異国でいきなり義理母と一緒に過ごすのはとてもハードルが高すぎたからです・・・。割とマザコン☆的な台湾人男性ですが、アレさんはこの条件をすんなり受け入れてくれてほっとしました。

4.これはつまり嫁VS姑の構図になってしまった場合、私の味方をしてほしいとのことですね(笑)

スポンサーリンク

私が思う国際結婚とは?知らない土地に嫁ぐということ

↑の4つの条件をアレさんはすんなり受け入れてくれました(守ってくれるかは別として。笑)正直、特に母より私を優先して!!!っていうのはかなり難しいかな~と思っていたのですが、今のところ、何かあったときは極力優先するようにしてくれています。ありがとう、アレさん☆

国際結婚となると、多くの場合は奥様となる方が旦那様となる方の国へ引っ越すのではないかと思います。つまり異国の地へ住むということ。言語も違えば、環境も全く違う、友達も家族もいない。慣れない環境の中で味方となってくれるのは、そう「ダーリン」です。なので、結婚前にしっかりと彼に自分の不安を伝えて、確認しておきたいポイントを確認しておくことが大切だと思います☆

果たしてアレさんは約束を守れるのか?!こうご期待!!!笑

さぁ、私と約束をしてしまったアレさん(笑)果たして彼は私との約束を守ることができるのでしょうか?!?!?!笑 以後、ご期待!!!!!!私を守ってね、アレさん☆

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

(Visited 807 times, 1 visits today)

 - 国際結婚