居留ビザ取得のために台湾で健康診断を受けてきた!台湾で受けることをおすすめする理由!

      2017/04/19

こんにちは!日台夫婦のシホです☆

さて、旧正月に台湾へ行ったお話を以前書きましましたが(旧正月のブログはこちらから!)その際に居留ビザを取得するための健康診断を受けに初めて台湾の病院に行ってきましたので、その時のことをシェアしたいと思います。これから台湾の居留ビザ取得お考えの方!ぜひご参考ください☆

 

日本で受けるか台湾で受けるか!?どっちがいいのか?

居留ビザのためには、いろんな書類を揃えなくてはいけないのですが(また今後詳しく書きますね)、その中の一つが健康診断です。インターネットなどで調べていると、どうやら健康診断は日本でも台湾でもどちらで受けてもよさそう。ただ値段を調べていくと・・・・台湾のほうが断然安い!!!日本の健康診断は台湾の10倍もかかりそうでした・・・。OMG!!なんでこんなに違うの?!?!ということで、せっかく台湾に行くし、ついでに台湾で健康診断を受けるか!ということで、台湾で受けることにしました。

スポンサーリンク

台湾で受けるための事前準備とおおまかな流れ

台湾で健康診断を受けるためにはまず病院選びから始まります。病院はどこでもいいわけでなく、行政院衛生福利部指定の病院で受けることが定められています。でも一体それってなに?って感じですよね(笑)なので、私はアレさんに調べてもらいましたが(パートナーが台湾の方の場合はこれが一番早い!)もし違う方は留学サイトとかを調べているとビザ用の健康診断を受けれる病院一覧がでてきたりするので、参考にしてみてください。

病院を調べたあと・・・私たちはまず電話をしました。確認のために。

居留ビザを取りたいんだけど、そのための健康診断はやっているか?自分たちの行きたい日はやっているか?何時から受付か?予約はできるか?を確認しました。
ちなみに、予約はできずとりあえず行ってから順番待ちをする、ということでした(ほとんどの病院がこのスタイルのようでした)

また、写真を用意する必要があるので、事前によく路上にあるスピードカメラ(?)で撮りましたが、私が行った病院は病院内にも写真を撮れる場所が設置されておりまた!!すごい!!!

そして最大の落とし穴ですが・・・風疹・はしかの予防接種を打った証明を私は持っていきました!!そう、これらに対する抗体がなくては健康診断証明書をもらえないみたいなんです。他の方のブログを見ると結構ここを見落としがちな方が多かったようなので、ぜひ!お忘れないように。(当日血液検査をするのですが、そこで抗体があれば大丈夫ですが、私は将来のことも考えて日本で予防接種を打ちました。かつその証明書も持っていきました。抗体がない場合は、その場で予防接種を打つなど対処しなくてはいけないようです)

さて準備が整ったらあとは病院に行くだけです☆
持っていくものは・・・
①写真(バックは白!)
②パスポート
③予防接種の証明書
④自分の体

です!!!!!

いっざ出陣!!ということで、9時ごろには病院につき、まずは申込書を記入。そして番号札をもらい、まずお支払い。日本円にて4500円程度。安い~~~~~~~(*´ω`*)そして待ちます。

私はおなかがぺこぺこだったので、ここで食事をとることに。私が行った病院は飲食自由ー!!ということで朝食ショップで朝ごはんを調達しもぐもぐ。笑

そんなこんなで私の順番が30分ほどで回ってきました。私が実際に受けたのは
①内科検診のようなもの(瞬殺でおわる)
②レントゲン
③血液検査

・・・以上!!!!わお!!!合計で30分ほどで終わりました。早い・・・!!どうやら国籍で受ける項目は違うようで、日本人は本当に簡単な検査のみのようです。ありがとう、日本、ありがとう日本国籍!!!と日本に生まれたことを感謝。

結果は一週間後受け取るということで、なんなく終わりました!!!
(一週間後には私はもちろん台湾にいないので、アレさんがかわりに取りにいってくれました。ありがとう、アレさん!!)

とても経済的な台湾の健康診断。みなさんも受ける際検討してみてください☆

 

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

(Visited 500 times, 1 visits today)

 - 国際結婚