私が社会人留学を決めた理由。GLAYが私に力をくれた!!夢を夢で終わらせないために。

      2017/02/22

どうも!日台夫婦のシホです。

今日もばっちり日本の社会の荒波に揉まれてきましたww笑 日本の社会は厳しいですね。学ぶこともたくさんありますが!

さて、私は2012年に某旅行会社に就職し、2015年に退職して留学をしました。

きっと私のように社会人になってから留学いこうかな~どうしようかな~と悩んでいる方はたくさんいると思います。だけどなかなか踏ん切りってつかないですよね。だってせっかく勤めてきた会社ですもんね。それに留学から帰ってきたあとの就職の保証もないし…と不安なことはたくさんあると思います。

し!か!し!!!それでも私は迷っている方に言いたい。

留学にいっちゃいなよ!!!と。

 

私が留学に踏み出せた理由。それは大好きなGLAY

留学は私にとって昔からの夢でした。だけど、大学入ったら就職しなきゃ~就職したら3年は勤めなきゃ~辞めるときは寿退社☆それがルール!それが普通!!!と思っていました。だけど心の中にはいつも「留学したい。海外に住んでみたい」という思いがありました。しかし、踏ん切りがつかない・勇気が出ないという状態でずるずる時間は過ぎていきました。

そんな中、2014年9月、私の大好きなGLAYが被災地である東北でライブをすることに。
最後のGLAY EXPO、行くしかない!!ということで早速予約。このライブが私の運命を変えることになるんです!!!!

TERUさんの一言が私に決意させてくれた!!!夢は絶対叶うんだ!!疾走れミライ!

この時のライブは今思い出しても、本当に今まで参加したライブの中でも最高峰といってもいいくらい素敵なライブでした(私はGLAYファン歴15年のめちゃめちゃコアなファンです。笑)

GLAY、特にボーカルのTERUさんは被災地に対する思いがとても強くて今回東北の仙台でライブをすることを決意したとのこと。

そのライブの中でTERUさんが作詞作曲をした新曲疾走れミライ!を披露。その歌詞の中に

「そう僕は、僕だけは、僕だけを信じていこうとあの空に誓ったのさ・・・そう夢だけじゃ もう夢だじゃ終わらせたくない」という歌詞がありました。

仙台の夕日がかったきれいな空。そこに響くTERUさんの素晴らしい歌声とポジティブな歌詞。
TERUさんは手をかざしながらこの歌詞を歌っていました。そして私も手を天にかざしきれいな空を見上げた時

「よし。私も夢を夢で終わらせない」という思いがこみ上げてきました。

その後TERUさんは、涙ながらに「夢は絶対叶う!叶えるんだ!!!」と言っていました(多分東北のこと、復興のことを思って涙をしていたんだと思います)

被災地の復興、TERUさんはその夢に向かって頑張っている。
私の夢はどうだろうか?勇気をだせば叶うじゃないか!お金と時間があれば叶うじゃないか!!!!!!!!

なんで私はこんなにもためらっていたのだろうか?よし踏み出そう!

夢だった留学☆夢をかなえた私が思うこと☆

そして夢だった留学、本当に楽しかったです!!!本当にしてよかった。GLAYに感謝感謝!!!!!
そんな私が思ったことは・・・

迷っていたら踏み出すこと。そこに必ず素敵な結末が待っているはず!!!

私は留学後、就職も以前よりいい条件ですることができましたし、偶然にも国際結婚という夢も叶えることができました。後悔していることは正直ひとつもありません。決断して本当によかったと思うことしかありません。

きっと社会人だと会社を辞めることで失うものが多いと思うかもしれませんが、迷っている人がいれば、ぜひ何かに勇気を出して踏み出してほしい!!!そう思います☆

おすすめ記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

(Visited 270 times, 1 visits today)

 - 海外留学