台湾人は、夜型人間?!台湾の夜には魅力がつまっているらしい件

   

朝6時に起き、夜9時には就寝する生活スタイルが身についてます。どうも!規則正しい生活が大好きな日台夫婦のシホです。昔(遊び盛りの大学時代)から、私は夜遅くまで起きているのがとても苦手で、時計の針がテッペンを回る前には、シンデレラのごとく(爆)さっ!と帰宅しておりました。
そんな生活が身に染みて早10年、社会人になっても、海外に旅行で友達がクラブに行きたい!と言っても私はベッドの中・・・。もちろん台湾に来てからも、そのスタイルを通すつもりでしたが・・・

 

アレさんがばっちりの夜型人間!なんてこと!!!

朝は死んでるかのようにだらだらですが、夜になると脅威の元気さです。致命的なほど生活スタイルが合わない私たち・・・ということで今日は、台湾人(アレさん)はなぜ夜型生活なのか?をアレさんに聞いてみたので、シェアしていきたいと思います。

スポンサーリンク

夜の台湾は魅力的?やっぱり夜市は面白いらしい

台湾に来てからというのも9時にはベッドインしていた私ですが、昨夜ついに仕事終わりのアレさんに「夜市行くよ!」と無理やり起こされ、眠い目をこすり、日本女子にあるまじき、ぼさぼさ頭にすっぴんで(かろうじてコンタクトをし)出かけました。

昨日は地元感たっぷり・観光客はほとんど見当たらない比較的小さな南雅夜市に行きました。「眠いな~、めんどい」とぶさいくな顔でぶつぶつ文句を言いつつも、到着してからというもの、がっつりソーセージやら、鶏肉やら、魚やらを食べまくる私。← 文句をぶつぶつ言っていたくせに、かなり楽しむという結果に。笑

ちなみにソーセージはガーリックを片手に、ソーセージとガーリックを交互に食べたのですが、激うま・・!!!(朝、後悔したことは言うまでもありません)日本のソーセージより台湾のほうが、肉肉しくて美味しいので私は夜市に行けば、毎回食べてます☆

私たちが夜市に到着したのは夜10時頃でしたが、小さい夜市といえど割と人がいて、街中にも台湾名物の原チャがたくさん走っておりました。

私は、朝型人間かつ、名古屋出身とこのブログで豪語していますが、本当は名古屋の横の田舎の市出身で(爆)夜8時には人の気配はなくなり、鳥の声や季節によっては虫の大合唱という環境にいた上に、名古屋自体もお店が閉まるのは、東京に比べると早いと思います。

スポンサーリンク

そんなTHE田舎モンの私からすると、なぜ夜にこんなにもたくさんの人が出かけるのか疑問だったので、アレさんに聞いてみました。(私は夜に楽しみがあまり見いだせない派)するとアレさんの回答は

 

だって夜のほうが楽しいものがいっぱいあるでしょ?

 

とのこと。そこで、例えばなに~?(わくわく。なんだろう!)と聞くと、

 

夜市!(どや)

 

・・・ワカッテルワ!!!(笑)その他は~?と聞くと、カラオケ(ただし24時間営業)とかかな?という微妙な回答。そんな回答では腑に落ちないので(笑)、その他に理由はないの?と聞くと、

 

台湾は昼間は暑いでしょ?夜だと日差しもないし涼しいし遊びやすいんだよね。それにみんな昼間は仕事してるでしょ?その後に人生楽しまないと~!

 

なるほど。確かに夏なんてフライパンの上歩いているのかなというくらい暑い台湾。夜のほうが遊びやすいのは納得!そして人生楽しまないと発言については、社会人時代「明日仕事だから早く寝よ・・・」と思っていた私とは正反対の考え。そういう考えがあるから台湾人って楽しそうなのかな~と思いました。羨ましい。

台湾人のように私も楽しみたい。夜型生活にトライしてみます

確かにアレさんの言う通り、台湾の夜って素敵なんですよね。看板がキラキラしていて活気があって!この雰囲気こそが、私が台湾に住みたいと思った理由のひとつ!ということで、もちろん仕事があるアレさんとは夜・もしくは休日にしか出かけれないので、私はこれからしっかり昼寝して(爆)夜型生活にトライをして、台湾人になりきってみようと思います。

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

(Visited 490 times, 3 visits today)

 -  ー台湾生活,  ー台湾情報