日台夫婦の私が台湾で働き始めてから、台湾人ダーリンとの関係に変化があった話

      2017/08/22

日台夫婦のシホです!就職してもう1ヵ月以上がたちました。そしてこの「シホ、就職するってよ」という一大イベントをきっかけに私たち夫婦にある変化が訪れましたので、今日はそのお話についてシェアしていきたいと思います!

台湾人ダーリンの本音

私のブログを読んでくださっている方はすでにご存知かと思いますが、私がなぜ台湾で働き始めたかというと、簡単に言うと「家計を支えるため」です。台湾に引っ越す前は、アレさんは「養ってあげるよ!」と言ってましたが、環境が変わりできなくなりました。そこで、私は就職することに。

そんな中、この前台湾人×日本人カップル計4組とおでかけする機会がありました。そこで、台湾人の夫・もしくは彼氏たちはこう語っていたそうです。

 

「日本人の女の子は働きたがらない」

と!なぬーーー!!最近では日本だって共働きも多いんだぞ!と言いましたが、まだまだ「日本女子=専業主婦」というイメージがあるそうです。

 

そこで、私はアレさんに抗議!

いや、そもそも日本人妻は旦那のために、日本からきてるんだよ?中には中国語も話せない人もいるわけで、そりゃ就職するのが難しいの分かってる前提で結婚してるんじゃないの?

 

と言ったら

「シホは分かってない!どれだけ彼らが、彼女たちに働いてほしいと思ってるか!」

 

と。えええ!!!そうなの!?ていうか、アレさんもそう思ってるってこと!?!あんなに働かなくていーよって言ってたのはうそなんかいwwそこで私は気づきました。奴の本音に!そう、彼は私に実は「働いてほしかった」のだと!

スポンサーリンク

私たちの関係性が徐々に回復

彼の本音の通り、現在まんまと働いている私ですが、実際働き始めてから私たちの関係性はかなりよくなりました。6月から7月にかけては、大荒れしまくって幾度となく「り」から始まる言葉を考えたわかりませんw

 

しかし、働き始めて、一緒にいる時間が減って(笑)お金に少し余裕ができ、アレさんのプレッシャーが軽減されたことにより、お互いがお互いを思いやることができはじめ、楽しく過ごすことができるようになりました。

 

私は、正直働くのが大嫌い!!!笑

だけど、働いてみて、アレさんとの関係が良くなり、「働いてみてよかったな」と思うようになりました。おかげで毎日楽しく過ごせていますw

日本へ移住したいという思い

が、台湾で働き始めて思うのが、「日本の会社の環境の良さ」。日本に居たときは「日本社会いや!ストレスばっかり!!!」と思ってましたが、台湾は台湾で違うストレスがありますw笑

どっちがいいのかっていうと、人それぞれだと思いますが、私はどうせストレスを感じるなら、お金も稼げて休みも多い日本のほうがいいかもと最近思うようになってきました。そしてその話をアレさんにすると

僕も日本に住んでみたい!日本のほうが、環境もいいしね。

との回答が!!まさかの回答すぎて、目が飛び出るかと思いましたwでも、日本語話せないアレさんが日本で就職するなんて、多分超絶難しいだろうし、現実味がないのは分かっていますw笑

だけど、日本で住むことに挑戦してみるのもありかなと思っている最近。さて、将来私たちはどこに住むのでしょか?!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

(Visited 1,854 times, 1 visits today)

 - 未分類