台湾にて運転免許をゲットしてきた!取得の過程について♡

      2018/01/24

本日…ついに念願の運転免許証明を台湾でゲットしてきました、日台夫婦のシホです!田舎育ちの私。日本では出勤に、遊びに、ストレス発散に!と毎日運転をしておりました。そんな私がついに♡台湾でも免許をゲットしたということで!!!本日は台湾での免許取得過程についてシェアしていきたいと思います!

※日本で免許取得済の場合

台湾でテストを受けずに免許を取る条件

今回、私は台湾で試験を受けずに運転免許証を取得しました!

そのためには条件があるのですが、重要なのはこちら。

(1)対象者
期間六か月以上の居留証を取得された方に限られます。それ以外の方は上記1の制度のみ利用することができます。

(2)申請期限
入境後1年内に申請する必要があります。

条件の中に、期限というのがあるのですが、そう!入境後1年以内!ということだったので、慌てて申請してきました( ;∀;)

その他の詳しい条件や必要書類は、こちらをご覧ください。

※友達の情報によると、入境後1年後でも申請できるそうです。心配な方は1年以内に行くことをお勧めします!

日本の運転免許証の中国語翻訳をゲット!

まず、日本の運転免許証の中国語翻訳が必要ということで、日本台湾交流協会台北事務所へ。

今回、私の中国語では不安だったので、義理母と一緒に行ったのですが、ここの事務員の方、ほんとんどの方が日本語が話せて全く困りませんでした!

受付で日本の免許証、居留証、パスポートを見せます。そして、↓の紙をもらえます。翻訳にかかる料金は610NTD。

1時間後に翻訳ができあがるということでした。

また、ついでに(?)申請をお願いされたのが、在留届。

…出さなきゃいけないものなんだ~!と今日、知りました(笑)ということで、これもついでに提出しました。(出してない方は出しにいきましょう~!)

そして1時間後…翻訳ゲット~~~!

↓これは私がどの車、バイクを乗れるかが分かる一覧表。台湾生活で欠かせない肝心のバイクはなんと…50cc以下のしか乗れないという残念な結果でした( ;∀;)笑

スポンサーリンク

いざ台北市の監理所へ!

翻訳を無事ゲットし、いざ台北市の監理所へレッツゴー!

用意すべきものは以下です。

(7)準備すべき申請書面等
イ 申請書(運転免許センターに備え付けてあります。ウェブサイトからダウンロードすることもできます。身体検査の結果もここに書き入れます。)
ロ 居留証
ハ 日本の運転免許証
ニ 日本の運転免許証の中国語翻訳文(入手方法については上記1参照。)
ホ 旅券
ヘ 写真3枚
ト 手数料(台北市の場合、200台湾元。身体検査の費用は含まれません。)

身体検査の結果が必要と書いてありますが、当日に受けれるんです!ということで!!!まずは、翻訳をもって二階へ向かいます。

↓証明写真はここで取れます(150NTD!日本に比べると安い!)

↓二階に上がった右手に運転免許の申請窓口があります。ここで、病院の紹介を受けます!

↓紹介してもらった最寄りの病院に行き、簡単なボディチェック!

【注意】

私の場合12時に病院に行ったのですが、タイミングが悪く12時から13:30まで休憩ということで、時間を持て余しました…。午前中の診察がいい場合は11時ごろまでに到着しなくてはいけないそうです( ;∀;)

↓視力や聴力、そして知りたくなかった体重・身長などをはかり指定のフォームに記入してもらいます。身体検査料として200NTDを支払います

さて、準備は整った~!ということで、監理所に戻って申請手続き。ここで先ほどの持ち物をぜーんぶ見せて、免許申請の200NTDを払って待つこと20分程度…。

免許所のできあがり~!(はや!)

 

その場で運転免許証をゲット!

ということで、病院の休憩時間も含め手続きすること合計4時間…ついに台湾での運転免許証をゲット~~~!嬉しい( ;∀;)!!!

有効期間は6年間。また、日本の免許がはく奪されるわけではないのでご安心を!これで、台湾でも日本でも運転ができるようになりました♡台湾に引っ越されて1年以内の日本人妻の方で、運転免許証持っている方♡ぜひ参考になれば!と思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

(Visited 711 times, 1 visits today)

 -  ー台湾生活, 台湾について