もうすぐ旧正月!私たち日台夫婦の旧正月の過ごし方について

   

こんにちは!日台夫婦のシホです。

もういくつ寝ると~…そう旧正月~!台湾や韓国、中国では日本とは違い、12月の年末年始よりも、2月の旧正月のほうがとっても大切で、またなが~い連休です。

ということで!もうすぐ旧正月☆私たち夫婦の過ごし方についてシェアしていきたいと思います。

本来の旧正月の過ごし方

2018年の台湾の旧正月は2月15日からで、大体の企業が2月20日までお休みということ。そう、6連休~♡

で、その中でも、もっとも大切なのが、最初の3日間!ほとんどの台湾人は実家に帰り、盛大なごちそうやら、カラオケやら、はたまた麻雀をしながら家族で過ごすのが一般的です。日本とそんなに違いはないですよね~。

また紅包という、お年玉っぽいのをあげます。ただし!日本のように、大人が未成年の子供にあげる、というのとは全く違います!働いている子供が親に、はたまた上司が部下に、という感じでお世話になっている人にあげる、というのが台湾流。

私は、去年、アレさん母から紅包を頂きました( ;∀;)このとき、初めて紅包の存在を知りました…。あげる立場なのに、貰ってしまった。ダメな嫁…。

※ちなみに紅包の詳しいルールについて台湾ZINEさんの記事に詳しく書かれています!
スポンサーリンク

私たち夫婦、今年の旧正月は日本!

さて、台湾人にとって1年で1番大事な旧正月。私たち夫婦は…日本でだら~っと過ごします~!爆

というのも、だいぶ前に義理母に旧正月の予定を聞いたところ、

 

特に何もないよ~~出かけたかったら出かけてOK!気にしなくてOK!

 

というお返事が。フリーダム!!!本来であれば、新米嫁の私は、料理のお手伝いをし、義理母やその姉妹はたまたおばあちゃんの洗礼を受け、親戚からの「まだ中国語話せないの?」攻撃に耐えなくてはいけなかったでしょう…( ;∀;)中国語ならまだしも、台湾語話されたら撃沈。

義理母のようなフリーダムスタイルは台湾で珍しく、既婚者のお友達のほとんどは旦那さまの実家に行く、ということでした。

ということで、連休はだら~っとしながら日本で過ごし、合間に白川郷や高山、伊勢に行こうかな~と思っています!(思いっきり楽しもうとしている感。笑)

※アレさんと私は、2月2日から18日まで日本に居ます。え?アレさん仕事辞めたのかって?違いますよ!笑 次のブログでアレさんの会社のお休み事情について書きたいと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

(Visited 658 times, 1 visits today)

 -  ー台湾生活,  ー台湾情報, 台湾について