考え方の古さを実感?!教科書の挿絵が引き金で起きた男女の役割論争!

   

いきなりですが、みなさんは固定概念とか古い考えを持っていますか?私は正直、「割と柔軟な方っしょ~ふふふん♪」と謎に自信を持っていました。←おいw

が、先日、教科書の挿絵が引き金となり、「男女」というものに対してちょっとした議論をしました。そして気づかされたことがあったので、シェアしていきたいと思います!

この挿絵を見てどう思いますか?

いつものように授業を受けていた時。みんなで会話練習をしていた時に先生が言いました。この絵、おかしくない?と。

さて、どこがおかしいでしょうか!考えてみましょう!←誰w

…みなさん、何か気づきましたか?
スポンサーリンク

よくある光景と思った私VS疑問を感じる台湾人&アメリカ人

正直、私はこの絵を見て

ん?何がおかしいんだ?よくある光景じゃ…。

 

と思っていました。すると、私の会話練習相手だったアメリカ人が、「だよね!おかしい!なんでお父さんと息子が座って、お母さんがお茶を運んでるの?」と発言しました。

…な…なぬ~!そこか!

 

私にとっては子供のころからよく見た光景、ましてやアニメ(サザエさんやまるこちゃん)でもよく見ていたせいか、なじみすぎて何がおかしいのかさっぱり気づきませんでした。が、私以外の生徒はみんな、なんでこんな古い考えをベースにした絵を挿絵で使ってるの?と疑問に思っている様子。

そして私はみんなのこの反応に、はっ!とさせられました。

男女についての考え方が全く違う!?

男だったら!女だったらこうあるべき!というのが、割と強い日本で生活してきた日本人である私。それに対し他の生徒はは、

 

女性はこうするべき!とか、男性だからこうするべき、とかない。

 

と主張しており、そして私はその通りだよな~なんで今まで気づかなかったのだろう…と思いました。また、台湾では男性が育児や家事を積極的に行うそうで(共働き故かもしれませんが)、この挿絵に台湾人の先生はとても疑問を持っている様子でした。

海外生活は古い考えを打破するチャンス!?

海外生活をしなければ、もしかしたら私はこの絵のおかしさに気づかず、一生、この役割分担は割とナチュラルなものとして考え、何も疑問を持たず過ごしていたかもしれません。

しかし、海外生活を送ることで、本当にいろんなことに「はッ!」とさせられ、いかに自分の考え方が凝り固まっているのか、というのが分かります。

色々大変な海外生活ではありますが、古い考えを打破し新しい考えを取り入れるチャンスでもあるな、と思いました!
スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

(Visited 479 times, 1 visits today)

 -  ー台湾生活, 台湾について