悩みが絶えない台湾生活!日台夫婦の私が思う台湾でのサバイバル方法!

   

5月もう終わりますが、なんだか五月病にかかっている気がします、日台夫婦のシホです!台湾に来てからというもの、一難去ってまた一難という日々を送っています( ;∀;)

そんな悩みが絶えない台湾生活ですが、なんとか1年乗り切りました。そしてこの自由奔放な国、台湾で生活する上での心得を少しずつ学びつつあります。

ということで今回は!これから台湾生活を送る方、そしてタイムリーで悩んでいる方!私流ではありますが、台湾生活で精神的に病まないようにする(爆)サバイバル方法をシェアしていきたいと思います!

言われていることすべては真に受けない

海外へ嫁ぐということは、感覚や考え方、そして言語が全く違う環境で家族になる、ということですよね。ということは、その分「え?」と思うこと、納得できないこと、そして誤解が日本人夫婦よりもやっぱり多くなってしまうと思います。

しかも!台湾人はよく言うと世話好きの方が多いので、近しい義理の母や兄弟ならともかく、あんまり会ったことのない親戚ですらガンガン口を出してきます。笑

しかーし!これ、すべてを真に受けて聞いていると(気にする性格の私からすると)正直かなりしんどい。

そこで、私は…

ムーディ勝山になること

を決意。「右から左へ受け流す~」でブームを築いたムーディー。流行っていたころは、おもしろいな~なんて聞いていましたが、今となっては「なんてすばらしい教訓なんだ!」と思っています。笑

もちろんすべてを受け流すわけではなく、「はいはーい」と適度に右から左へ受け流し、適度に聞く、(というかもういっそ聞かない。爆)これがポイントだと思います。ということで、いつでもムーディーなれるよう、日々右から左へ受け流す練習をすることをおすすめします。
スポンサーリンク

時には逃げちゃうのもあり!

ちょっと前に流行ったドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」そう、その名の通り、逃げるのは役に立つんです!

台湾に来て日本よりも狭い家にいると時には、「あ~~もう!きー!」なんて思うこともしばしば。何度、「ああ…羽ばたきたい…フライアウェイ!」と思ったことか!( ;∀;)

国際結婚の場合、どちらかの実家は海を離れたところにあります。だから、ちょっと実家によって息抜き、ができません。そのちょっとは「飛行機」に乗らなくてはいけない。そんなことは、来る前から分かっているよ!と思うかもしれませんが、実際その状況になると私の場合は結構きつかったです。私の場合、特にアレさんと喧嘩したとき、精神的に追い詰められることもありました。だって、本当の家族は日本にいる、そして唯一の家族である旦那とは喧嘩。もう息苦しいったらありゃしない!笑

だから、ときには家事全放棄してぶらぶらしたっていいし、なんならしょうがないときは台湾から出たっていいと私は思います。自分の逃げ場を用意することって、ホームではない国で生活する上でとっても大切だな~と最近しみじみ思います。

結局、頑張りすぎないのがコツ!?

私は今、中国語の勉強、家事、そしてパートをしています。正直、疲れることもたくさんあります。でも、きっと疲れてしまうのは、自分で自分を追い込んでいるからんだな、と思います。ここ台湾では、きっと頑張りすぎず、自分を追い込みすぎず、頻繁に息抜きしながらプレッシャーを自分に与えすぎず、さら~っといろんなことを流しながら生きていくことが大切なんだな、と思います!
スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

(Visited 1,095 times, 1 visits today)

 -  ー台湾生活