【台湾留学】中国文化大学にて1か月中国語を勉強した成果~途中経過報告~

   

11月から通い始めた語学学校も早いものでもう1カ月がたちました!日台夫婦のシホです。

そこで本日は、中国語レベルほぼゼロ状態の私が、中国文化大学にて1か月勉強した成果と授業の様子について紹介していきたいと思います!それではいってみましょう!

ほぼ3日1度は小テストがある?!テストづくし!

私の中国語力は皆さんご存じの通り、レベル0.000001くらい。自分で学習していたので、ちょ~っとだけはできるかなぁ?程度です。そんな状態で始まった私の語学学習生活。

語学学校といえば、やはり、先生によって全く内容や雰囲気が異なってくるのですが、私の先生の場合ですと、

3日1度の小テスト、2週間に1回くらいは中テストだぜ~!

というテストが趣味なのかしら…という程テストづくしの先生。

肝心のテスト内容ですが、

・小テスト→聽寫と言って、先生が発音する中国語を聞き、それを書くというもの。
・中テスト→2課ごとに1回、90分ほど使ってライティングと文法をテストするもの。

先生曰く、こうやって何度もテストを繰り返すことでファイナルテストが簡単に感じるよ!ということ。(本当かな。笑)私としては、テストづくしなのは、強制的に勉強する原動力となって嬉しいポイントだな~と思っています。

授業は会話重視。書きについては一切教えないスタイル

私のクラスメイトは、日本人が私含めて2人、韓国人、ベトナム人、スイス人なのですが、先生は一切「書き」については教えません!!!先生はいつも

 

書きは自分でやればできること。だからこれはあなたのホームワーク!

ということで、ひたすら会話や発音練習です。もちろん、全員の先生がこういう方ではなく、先生によりきり。たまにトイレ行きがてら、ちらっと他のクラスを覗くのですが、書き方を教えている先生ももちろんいらっしゃいます。

そのため、書き方を教えてくれない!厳しすぎる!とクラスから2名脱落し、先生を変えております。結果、クラスメイトは合計で5人の小規模クラスになったのです。

そして会話練習の内容は、習ったボキャブラリーを使って先生やクラスメイトに質問をしていく、というものや、ダイアログを暗記して、みんなの前で披露したります。そのおかげか、クラスメイトの好きなものや苦手なもの、趣味が自動的に把握でき、休憩中に話が盛り上げることもしばしば。笑 

ちなみに、使っている教材はこちら!

多分、ほとんどの語学学校がこれを使っているかと思います。師範大学監修のこのテキスト。このテキストに沿って、授業が進められていきます。

ちなみに合計で12課あり、第1課~5課は(先生曰く)簡単。第9課から難しくなってくる!とのことでした。もしご自身でこの教科書を買われて(師範大近くの本屋で購入可能)学習される方の参考になれば!と思います♡

授業で困っていること

毎日楽しく授業を受けていますが、一方でちょっと困ったこともあります。それは…先生の英語( ;∀;)英語で授業なのですが、先生自身も公言しているように、ちょっと英語が苦手なよう。なので、質問したい時、自分の質問したい内容がなかなか伝わらないことも…!!!

そのため、私は極力中国語でなんとか質問をしていますが、もちろん答えは中国語で返ってくるため、たまに頭の中が「?」で埋め尽くされます。笑

こういった状況に遭遇する度に思うのは、早く中国語の返答をわかるようになりたい、ということ。1日でも早く先生に英語で話さなくてもいいように、というのが目下の目標です!

1か月の効果のほどは?オーダーができるにはなれる!

さて!肝心の1カ月の成果ですが!!!

簡単なオーダーが、できるようになりました~!パチパチ←

後は、これ要るか不要か、好きか嫌いかが言えるように!いえーい!!!ってそれだけ?となるかもしれませんが、これでも個人的にはとっても嬉しいんです。笑

が、オーダーはできても、その後に、簡単なことであればわかるようになりましたが(甘さや、氷、テイクアウトかどうか、金額など)、卵がどうのとか、ひねったこと(?)を聞かれると全く分からないので、今度の成長にこうご期待!

そして、3カ月の予定だった語学学校をさらに3カ月延ばし、合計で6カ月通う予定に!レベル1が終わったら、中国語の実践がてらちょこっとバイトなんかできたらいいな~と、考え中です。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

(Visited 637 times, 1 visits today)

 - 台湾留学・中国語