台湾で温泉に入りたい♡台湾の温泉街、鳥来へ日帰り旅!

   

台湾に来てからというもの、全く湯舟につかる機会がなく、シャワー生活にも慣れてきた日台夫婦のシホです!しかし、このごろ台湾も寒くなってきて、「あぁ…湯舟につかりたいよ…」と日々アレさんの耳元でつぶやき続けた結果、先日台湾の温泉街として有名な鳥来へ行くことに成功しました!

ということで、本日は鳥来についてご紹介していきたいと思います♡

台北から約1時間で着く、温泉リゾート

鳥来は台北から車で約1時間程度で着いちゃいます。そう!思っているよりも近い♡私たちは車で行きましたが、バスを使っても台北駅からだと1時間程度で着くそうです。また旅行者の方は、台北発の日帰りツアーがたくさんあるので、そちらを利用されてもいいかもしれません!

さて、到着すると見えてくるのが、鳥来の老街。私は、台湾の老街が大好き!なんだかタイムスリップをした気分にさせてくれる雰囲気と、活気がある雰囲気がパワーを与えてくれます♡

竹筒飯にエビに餅。おなかを満たしてくれるグルメたち

まず着いたらするのは、腹ごしらえ!ということで、鳥来の名物である竹筒飯やエビを堪能。

うんうん、美味しい。味付けもあの台湾の独特な感じがないので、日本人の方にとって食べやすいと思います。

鳥来名物を堪能した後も、私の食べ歩きは続きます!どこにいっても食べてしまうソーセージ。ここのソーセージは、味が選べたので、お酒味と山胡椒味の二つをオーダー。

…山胡椒味、うっま!!台湾のソーセージって、日本のよりちょっと甘めで苦手な人もいると思うんですが、この山胡椒味ならきっと食べれるはず!ってくらい、個人的には美味しかったです♡

ラーメンの上にのっているような煮卵も売っていたのでトライ。想像してた通り、美味しい♡

お餅が売っていて、餅好きの私は、思わずトライ。おすすめの練乳味をチョイスしましたが…おいしかった~♡他にも日本人好みの、甘口醤油+のり味っていうのもありました。なんと魅力的!

スポンサーリンク

鳥来名物トロッコ列車に乗ってマイナスイオンが放たれまくりの滝へGO!

鳥来の目玉といえば…そうトロッコ!どうやら休止していたようですが、最近運転が再開されたとのことで乗ってまいりました!

↓ピンクと青のトロッコがあります。

↓トロッコから見える景色。緑に癒される~。ちなみに、思ったよりスピードがあって、ちょっとしたスリルもあり面白かったです!

↓トロッコから降りたらあるのが、トロッコの歴史を紹介する建物。

↓トロッコについて色々学べます(日本語あり)こういったのが大好きな私は一人で大興奮!

↓この建物の下まで降りると、マイナスイオンたっぷりそうな滝が。身も心も浄化されますね~

↓たっぷり滝を満喫した後は、老街へ。ちなみにこちらはトロッコのお値段表。参考までに!※2017年12月現在

肝心の温泉は…リサーチ不足により後悔。笑

さて、鳥来に来た最大の目的といえば、「湯舟につかること」でした。しかーし!私のリサーチ不足とケチな心によって、後悔する結果となったのです( ;∀;)

鳥来にはたくさんの温泉があります。つまり、当たりもあれば外れもあり。ということで、事前にちょっと調べて行きたいところをアレさんに送っていたのですが、どうにもこうにもそこが見つからない( ;∀;)正直、もう歩き疲れた私たちの心の中には

 

もう、どこでもいいから、入りたい…

 

という妥協の気持ちで溢れかえっていましたwそこで、目についた温泉に「えーいっ」と入りに行ったのです。そこでは、いくつかお風呂の種類があって、

 

・温泉のみ+景観なし 700台湾ドル/1時間
・温泉+ベッド  1000台湾ドル/1時間
・温泉+ベッド+景観あり 1200台湾ドル/1時間

 

この3種類でした。もちろん、景観があり!がよかったのですが、この日は利用できない、と言われ、ベッドありか、なしかの二択に。そこで、ベッドなんていらないよ!だって温泉はいるんだもん!てことで、ケチって1番安いお部屋をチョイス。まぁ景観見えなくてもね!と思って入りにいったのですが…

 

いや、もう。。。閉じ込められているみたいな雰囲気…。ひぃ!

脱衣所もなく(これは多分どこも同じ!)、トイレも風呂場の中にあって、色々と衝撃でした。だけど、慣れってすごくて、しばらくしたらその環境にも慣れ、湯舟につかれてとても幸せ~♡となってました。が、これからはもっと下調べを入念に行おう!と決意しました。

体と心を癒しに、ぜひ鳥来へ♡

台北からちょっと足を延ばすと現れる、緑たっぷりな癒しの場所、鳥来♡ぜひ、台北にいらした際は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?♡

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

(Visited 334 times, 1 visits today)

 - 台湾について,  ー台湾旅行