居留証の期限延長と住所・氏名変更してきました!かかった費用と手続きについて

   

先日、台北の移民署へ行き(図らずも)居留証の期限延長と、色々変更してきたのですが、ぜひシェアしていきたい!と思ったことがありました。では早速いってみましょう~!

引っ越した場合は、15日以内に居留証の更新が必須!

だいぶ前に、新北市から台北市に引っ越した私たち夫婦。だけど、居留証の住所は変更していませんでした。そんなある日、ふと全国民健康保険、もうすぐ手に入るよな~と思い(台湾に引っ越してから6か月後から加入可能。※その間に台湾から出国した場合は、その日数を引くので気を付けましょう!)どうやって加入するのか調べていたところ、移民署からお知らせが届くと書いてありました。へ~・・・って、あれ?私の居留証の住所、前のまんまだよね?!

 

やばい!住所変えに行かなきゃ~( ;∀;)ということで、あわてて移民署に駆け付けました。

 

台北の移民署はこちら!


新北の移民署で居留証を申請した私は、初台北の移民署。正直・・・・台北の移民署、広いしキレイ~!

↓中も広々として清潔!

必要な持ち物は、パスポートと居留証カードのみ。書類に記入していざ、住所変更へ出陣。

受付のお姉さん「びあjlkmgぁkmrgぇjt」

アレさん「jてぃおあえjrlgまlw」

…やっぱり何言ってるか全然わからない、中国語( ;∀;)するとアレさんが「台北に引っ越してきたのいつだっけ~?」と。うーん。たぶん7月くらいかな?と言うと、

 

受付のお姉さん「えrhじゃflwkが!」

アレさん「rjごいあwj!あhろいgじゃをrgじゃw?」

 

こんなやり取りの後、引っ越した日の日付を10/26とアレさんが書いているではないですか。え?と思いアレさんに聞いてみると

 

本来は、引っ越してから15日以内に住所変更しなくちゃいけないんだって。じゃないと、何か罰があるみたいだよ~今回は、見逃してもらえたけどw

 

とのこと!え~!そうだったんだ!全然知らなった( ;∀;)そして、柔軟に対応してくれた移民署の方に感謝!

スポンサーリンク

ついでに居留証の有効期限も変更!

実は、今回住所以外にも氏名の変更をお願いしました。というのも、居留証の私の名前が違っていたからですw笑 私の名前、志穂の穂の字がいつも大体間違えられるんですが、案の定居留証も違っていたことに最近気づいてついでに変更をお願いしました。

すると、「居留証の有効期限も延ばしますか?」と受付のお姉さんが!

そう、今、私の居留証は1年間の有効期限なので、4月には期限切れとなる予定だったのですが、ついでに2年延長してくれるとのこと。ラッキ~~~!!料金は2000台湾ドル。ということで、ついでに期限も延長♡とりあえず、2020年までは台湾に居られることに。

手続き自体は、書類を書いて提出するだけだったので、とても簡単でした!(写真はパソコンのデータで残っているようで、不要でした)新しい居留証ができあがるのは、2週間後とのことでした。

まだまだ知らないことだらけ!奥が深い居留証

ということで、今回、初めて住所を変更したら15日以内に届け出を出さなきゃいけないことを学びました。まだまだ奥が深い居留証…。知らないことだらけなので、皆さんの参考になるよう、これからも何かあったらどんどんシェアしていきたいと思います♡

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

(Visited 848 times, 1 visits today)

 - 国際結婚