携帯どうしよう?!台湾へ移住する私が考えている携帯契約について!SIMロック解除しました☆

      2017/04/19

どうも!日台夫婦のシホです。

移住や留学する際にみんな考えることのひとつは・・・「携帯どうしよう!!!!」ですよね?

私は留学していた時はただ機内モードに携帯をして向こうのWi-Fiを使うという、とても原始的な方法を選んでいましたが・・・

移住するにあたって、どうするのが一番お得なのか?を調べ・・・絶賛後悔の嵐です!!!

なぜ私は留学の時にもっとSIMについて調べなかったのだろうか( ;∀;)

お得な方法があるじゃないか!!!!!!

ということで、私のような犠牲者をこれ以上ださないためにも、私が携帯契約についてシェアしていきたいと思います!笑

留学・移住する方必見!私が考えた3パターンの携帯契約

さて今はケチ街道まっしぐらな私!「いかにお得に」携帯を日本と台湾で使えるのか考えてみました。

ちなみに、前提条件は・・・
・現在IPHONEを使用
・携帯代は1カ月1万円
・日本と台湾を1カ月に1回行き来する
・機種代金を払いおえてないので、解約するとお金がかかる(4万くらい・・)
・解約するのは4月

です。これらの条件を踏まえて何がいいのかを考えてみました。

スポンサーリンク

①日本の携帯を売って向こうで携帯を買う
今使っている日本の携帯を下取りして買い取ってもらい(私が調べたときは1万5000円~2万円くらいでした)、そのお金で解約料金を払って、台湾で新しい携帯を買う!
これはちょうど同時期に友達が携帯を下取りをしてもらっていて、「下取りってそんなにお金もらえるんだ!」というのが衝撃でした。
この場合だと、4万-下取り代=2万を支払い、かつ台湾で新しい携帯を買う。というプランです。最初これもいいな~と思ったのですが、どうしてもIPHONEを使いたかったので、断念。台湾でIPHONEを買ってしまったら結局高くついてしまうので本末転倒。笑

②日本の携帯は解約金がかからないまでそのままで、台湾にいるときは台湾のSIMを使う
台湾のSIMはアレさんいわく月3000円くらいなので、3000円+日本の携帯代金。ただ日本の携帯代金を1万を払うのはもったいない!と思って調べたところ・・・「電話番号預かりサービス」というのがあることを知りました!これは海外留学の方に強くおすすめしたいのですが、電話番号とメールアドレスを月々400円程度(ソフトバンクの場合)でキープできて、あとは携帯の基本代金を払えばOKというもの!もしこれを留学時に知っていれば・・・月々4000円くらいは節約できたのに・・・。(たられば女子)
この場合だと、日本の携帯代月々6000円程度を6カ月払い続け+台湾のSIM代月3000円=毎月1万円程度。そして10月がきたら解約料1万はかかってしまいますが、解約する。なのでおそよ10月までで考えると・・・7万円(4月~10月)+1万円=8万円になります。ただこの場合だと、日本での通信はできないので、日本で使用したいときはその分プリペイドSIMを購入する必要があります。結果10月までだとおそらく9万円ほどになるかと思います。

③日本の携帯を解約する!だけど、売らずに日本と台湾でSIMを駆使
この場合ですと、機種代4万円(解約料は免除)を払い、台湾のSIMをメインで使い、日本に帰ってきたときは短期的にSIMを使用する手段。つまり10月までで機種代4万円+3000円×7+日本でプリメイドSIM=およそ8万程度となります。

さて、以上の条件の中から選んだのは・・・③!!
②もいいのですが、めんどくさがり屋の私は台湾に行く前にすべて手続きを終えてしまいたいと思い、値段が変わらないのであれば、もう手続きをしちゃおう!と思い、決断しました。

ちなみにいろんなSIMを比較した結果、U-mobileが良さそうでした。(橋本環奈ちゃん、天使だわ~~)

このプランを実行するためにSIMロックを解除しました!意外に簡単!

さて、③を実行するためには、SIMロックが必須。少し前までにはSIMロックの解除はできなかった日本の携帯。だけども、最近ルールが変わり、SIMロック解除ができるようになったとの情報を聞きつけ、早速とりかかりました。

携帯SHOPでも3000円程度払えば代行してくれるそうですが、お金がもったいないわ!と思い、ネットで調べ自分でやってみることにしました。

・・・結果10分程度で完了。まぁなんて簡単!インターネット万歳。ありがとう、情報社会!ということで、SIMロック解除の際はご自身でされてみてもいいかと思います(ネット上にやり方はあふれていますので調べてみてくださいね☆)

スポンサーリンク

携帯依存症の私としては、携帯ってすごく重要で、しかも料金体系とか使い方も今や多岐にわたっているので、ご自身のライフスタイル的になにが一番合うのか考えて、私のようにぜひ損がないようにしていただきたいです!!!涙

おすすめ記事

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

(Visited 304 times, 1 visits today)

 -  ー台湾生活